iPad落下のお知らせ

いつかは訪れると思っていたこの日

いつかはこの日が訪れると思っていましたが、割と早くその日が訪れてしまいました。最近、ほぼ全ての楽譜をスキャンして練習、本番、と大活躍をしていたiPad Pro 12.9インチ。ようやくこれを毎日持つのが当たり前となり、楽譜ビューアーのアプリ「ForScore」の取り扱いにも慣れてきたところでした。ワークショップのレジュメも、ミーティングのメモも、出版譜の校正も、何をするにもベストパートナーになったことを実感し始めた、そんな頃でした。そのフォルムが美しく、余分に嵩張らせたくもなく、持ち運びは革のケースに入れ、使用中は何もつけずに、というスタイルで愛用していました。(ま、その時点で、いつかは落としてしまう、でもそれでも良いんだ!くらいの思いだったのだと思います。ただ、訪れるのが早かっただけ…。)

熱く第九を指導していた

昨日の第九の練習中に起こりました。指導には熱が入り、知らずのうちに(頑丈な外見に安心しきっていた)木製の譜面台に変に体重をかけてしまったのでしょう。

ズドーーーン。(譜面台がガタンと下がり、iPadがバランスを崩した後に床に落ちた音)

f:id:NaotoAizawa:20161115103612j:image f:id:NaotoAizawa:20161115103614j:image f:id:NaotoAizawa:20161115103619j:image

液晶だけの交換などはできず、新品との交換。もちろん自損なので1年間の保証対象外。70,000円の出費となりまーす!

楽譜ビューアーとしての iPad、やめようかしら……。でもApple Pencilも謎に二本あるし…。(すっかりテンション落ちてる)


― 曲が喜ぶ演奏、ことばが喜ぶ演奏 ―

合唱を愛する作曲家・指揮者として 。
この合唱団上手いね、ではなくて「この曲いいね」と呼ばれる演奏を・・・
曲がチャーミングに聴衆に届く演奏を目指しています。
「ことば」を豊かな息遣いで、
色彩豊かな芸術へ昇華させて表現することを常に目指しています。
是非、一緒に音楽しませんか?。


コメントを残す